毎日をウォーキングからHappyに。

無題

「プレゼンティーイズム」という言葉はそれほど一般的ではないかもしれません。

ネットで検索するとたくさんの情報がでてきますが、日本語だと「疾患就業」「相対的生産性損失」といい、簡単に言うと、会社に出勤しているが、健康上の問題で労働に支障をきたし最善の業務ができなくなる状態」なのだそうです。

肩こり、腰痛、花粉症、胃腸不調、軽度のうつなど、日頃感じている心身の不具合のことを言うと思ってだいたいあっていそうですね。

”健康とはいいきれない、でも病気ともいえない”

年齢に関係なく起こりえるこのような状態を解決して、仕事のパフォーマンスをあげること、それが働き方改革とか健康経営という文脈に繋がっていきます。

残業がなくなるだけではなく、定時時間内の中で気持ちよくパフォーマンスをあげられること。

年齢性別問わず、健康に人生100年時代を見越した働き方ができること。

そう考えるとあなたの抱える肩こりや腰痛・気持ちの落ち込みを、姿勢やウォーキングで解消していくことができれば、自身も家族も会社も日本も健康で幸せになる!といっても過言ではありません。

見過ごしがちな、肩こり・腰痛・気分の落ち込みや、イライラなどをスッキリさせてイキイキを働く、そんな毎日にぜひ姿勢を歩きを生かしてください。

 

Pocket
LINEで送る