仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

なんで、ネックレスは首元につけるの?

なんでドレスはデコルテのあいているものが多いの?

生きているんだもの、そりゃ幸せになりたい。

生きているんだもの、そりゃ幸せになりたい。

 

デコルテとは、首の付け根からバスト上あたりを指します。

女性が美しいネックレスをつけたり、男性がネクタイをビシッと結んだりするアノ場所。

デコルテはお顔の一部のようなもの、いやお顔です。

ここを磨き上げると美しさが引き立つし、デコルテが美しく磨かれて大きく開き、鎖骨がキレイに見えているとつい目がいってしまうし、自分でも嬉しいもの。

「デコルテは女の幸せの象徴」とよくレッスンでも話しています。

・・・というところで、こんな実験結果。

1)背中を丸めて”前向き”に考える→不自然・どちらかというと不自然:計96
2)背中を丸めて”幸せな”気持ちになる→不自然・どちらかというと不自然:計85
※「姿勢と気持ちのアンケート」集計結果 H23年実施 10代後半~80代前半の男女206名対象

つまり背中が丸まっている=猫背だと、幸せを感じにくいし、前向きに考えにくい。

こりゃ、たまげた〜。

落ち込んだ時に下をむいて猫背になるのは仕方ない、落ち込む時だってある。

でもいつも猫背で下を向きがちだと、毎日の小さな幸せをいつのまにか逃していることになる、つまり「幸せを発見する確率が低くなる」

 

そして猫背だと、女の幸せの象徴であるデコルテも、小さく縮んで影ができなんだかくすんできて・・と考えただけで幸せとは縁遠くなりそうです。

人は初めて会った時に、顔+髪+デコルテまでのフレームを見ていると聞いたことがあります。

だからデコルテも美しく、毎日クリームをぬってキレイにして。

そして、猫背を解消してスッキリ、幸せオーラ全開の大きく広く美しいデコルテを維持しましょう!

 

>>猫背解消!とっておきストレッチ「キャットレッチ」

>>座り姿勢の改善がデコルテや立ち姿勢の美しさにつながるから・・個人レッスンはこちらから

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳で患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
サイト:http://cowalking.jp

 

 

Pocket
LINEで送る