毎日をウォーキングからHappyに。

こんな姿勢でパソコンを使っていないかチェック

こんな姿勢でパソコンを使っていないかチェック

●ごまかせないのは年齢だけじゃない。

顔のシワはなんとかなっても、なんとかできないのが首のシワである。年齢を重ねるたびに、他人の目も自分の目も首のシワにいくようになるから落ち着かない。また首のシワは年齢がでると言われるがそれだけではない。深いシワには生活感がにじみ出るし、痩せてくれば神経質な印象も感じられるだろう。

●座り姿勢が首のシワを左右する。

首を前に出してパソコンを使ってはいないだろうか。首にシワができる原因はさまざまであるが、この首を前に出す姿勢もその原因の1つである。本来、背骨の上にのっているはずの頭蓋骨が前にズレることで、不要な筋肉の補助が必要となる、まずこれが肩こり首コリである。その姿勢を続けていれば顔のたるみや首の皮膚のたるみ、シワへのつながるのである。

●背骨の上に頭をのせる

ではどうしたら良いのか。それは本来あるべき位置に頭を戻すことである。頭は背骨の一番上にちょこんとのっていることで、その重さをすべて背骨という骨にあずけることができる。ではどうやって「背骨の上にあたまがのっている」状態をつくることができるのか。

1.壁にあたま、背中、おしり、かかとをつけて立つ

2.腰に手のひら一枚分の隙間があるか確認する。

3.この時のあたま、背中、腰の状態を覚え、座り姿勢の際に頭の位置を整える。

 

でもこんな姿勢で会社のパソコンを使おうとすると、パソコンが使えない!とお感じのあなた。

どうやったら、頭の位置をキープしつづけることができるか環境設定の仕方も今後アップしていくのでぜひ注目していてほしい。

 

 

篠田洋江篠田洋江
ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳で患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、そしてコンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
サイト:http://cowalking.jp

Pocket
LINEで送る