毎日をウォーキングからHappyに。

写真 2017-01-27 14 58 23

先日、江東区の小学校にお呼びいただき姿勢の講演をさせて頂きました。

「ぐー、ぴた、ぱん」これは小学校で姿勢をよくして座る合言葉で、どの小学校でも必ず聞く言葉でです。

これだけ姿勢が小学校でも意識されていることはとても嬉しいですね!

今回お伺いたした小学校では、これに加えて「元気いっぱいプレジェクト」として姿勢の取り組みを行ってきたそうです。

 

例えば、背骨Tシャツをきて、校長先生が校門に立ち子供達に朝の挨拶とともに姿勢を意識してもらったり、姿勢をよくした時とそうでない時の印象や心、体の変化を子供達で話し合ったり・・と素晴らしい取り組みで、子供達の姿勢を良くしよう!と本当に積極的に取り組んでいらっしゃいました。

事前にいろいろな質問、例えばソファでの姿勢やじっとしていられない・・など、参加の保護者のみなさまの関心も高く、大変ありがたいです。

良い姿勢で人生をおくる、そんな選択肢があることをお伝えできました。

機会をいただき、誠にありがとうございました。

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。また小中学校での子供の姿勢講座なども行い、姿勢や歩くきっかけ、ウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。自由大学「未来を歩く姿勢学」「オトコの姿勢学」教授、モデル&ビューティスクール「sen-se」東京校ビューティ部門代表
Facebook:篠田洋江

Pocket
LINEで送る