仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

レトロな看板。映画に出てきそうな佇まい。

レトロな看板。映画に出てきそうな佇まい。

 

「境界線を歩く!」の企画では、イベント前に境界線を決め、歩いて、そしてもちろん市役所等の公共機関にいって情報を集めます。

・地図では、道路の真ん中が境界線だけど、実際の道路の維持管理はどっちの市がやってるの?
・この中途半端な境界線、どうしてこうなってんの?

そこがとっても知りたいこと。

今回の川口市の境界線では都市計画課・地域計画係→道路管理課→道路維持課・管理係→総務部・庶務課→文化財課・古文書係 と各課を回らせて頂きました。

色々な市町村の境界線を調べていますが、「古文書係」というこれほど魅力的な課にたどり着いた事はありません!

テンションあがります!

川口は御成街道をメインに鳩ヶ谷宿や川口宿などがあり、このあたりの情報はありそうなので、また別のイベントでこれからの歴史の道は歩いてみたいですね。

>>詳細はこちらから(シリーズ境界線を行く!vol.3 ~埼玉県川口市編~)

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

Pocket
LINEで送る