毎日をウォーキングからHappyに。

写真 2017-08-11 17 49 24

健康は歩いているだけにあらず、それなりに健康には気を使っています。

パソコンも多いし、それなりに忙しい。でもできるだけ薬は飲まないでいたいので、どんなに痛くても我慢するタイプです。

それが良いのか悪いのか・・

最近はハーブ療法や植物幹療法(ジェモセラピー)など、できるだけ自然のもので、毎日のセルフメンテナンスを続けています。

夏はもちろん、秋にかけては体調も不安定になりやすい季節。

元気いっぱいで健康でありつづけるために、ご自分の体のための時間もおとりくださいね。

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。また小中学校での子供の姿勢講座なども行い、姿勢や歩くきっかけ、ウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。自由大学「未来を歩く姿勢学」「オトコの姿勢学」教授、モデル&ビューティスクール「sen-se」東京校ビューティ部門代表
Facebook:篠田洋江

Pocket
LINEで送る