毎日をウォーキングからHappyに。

写真 2017-01-27 14 58 23

過日の姿勢の講演をさせて頂いた小学校での講演報告です。
こちらでは、学校あげての姿勢の取り組みを行っていて、先生が背骨Tシャツをきて子供達に意識付けしたり、姿勢が良いとどんな良いことがあるかを子供達がディスカッションしたりと、子供の健康づくりにとても熱心な学校。

講演の前に、先生方が取り組んだ健康プロジェクトの結果発表があるなど、意欲的な学校でいらっしゃいました。

また姿勢についての子供達のディスカッションでは、姿勢が良いと勉強がはかどる、気持ちが良い、などの感想がでたようで・・これは、「教えた」というより「自ら感じた」ということですから、驚きです。

姿勢の講演にいくと、い魔の教育現場で取り組んでいる子供の健康への意識や取り組みをきくことができ、とても勉強になります。

そしてやっぱり素直にこういう取り組みを聞くと嬉しいものですね。

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。また小中学校での子供の姿勢講座なども行い、姿勢や歩くきっかけ、ウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。自由大学「未来を歩く姿勢学」「オトコの姿勢学」教授、モデル&ビューティスクール「sen-se」東京校ビューティ部門代表
Facebook:篠田洋江

Pocket
LINEで送る