毎日をウォーキングからHappyに。

ファイル 2016-06-20 16 21 57

約3か月で撮影やボディメイキングを通して、美しいボディラインになる「プレミアムフォトコース」

今回は、2回目のレッスンにあたるポージングレッスンをお届けします。

よくある美しい立ち方は基本中の基本。

そこから、女性らしいスカートの場合は、どんな立ち方が良いか。パンツスタイルやかっこいいシャープなイメージの場合はどうするのか。ということを体系的に理論立てて、体を使いながら学んでいきます。

シャッター音にあわせて、変えて、止まる。

鏡を見て、自分の体が一番美しく見える角度か、見て、研究。

他の人のポージングをみて、自分にも取り入れて、レベルアップ。

それだけじゃあーありません、いかにもポーズを決めている写真のその上を求めておるのじゃ!

日常を切り取ったような一瞬、でも美しくて、洗練されていているのに、気取っていない。

その場の空気感やイメージ、雰囲気が伝わってくる写真がとりたいのです。

よく「ストーリーを感じる」写真を。 と話しますが、ただポーズを決めていたり、自然にがんばってふるまっているんじゃない写真が撮りたいのです。

・・・と気合を入れてレッスンみっちりがっちりさせて頂きました。

あとから「ポージングのあまりの難しさにビビりました」(笑)の感想がありましたが、そのくらい自分を生かして美しく自然でっていうのは学んで体に身に着けていくもの。なんですね。

フォトコースのみなさん、撮影にむけて頑張りましょう!

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。また小中学校での子供の姿勢講座なども行い、姿勢や歩くきっかけ、ウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。自由大学「未来を歩く姿勢学」「オトコの姿勢学」教授、モデル&ビューティスクール「sen-se」東京校ビューティ部門代表
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

 

Pocket
LINEで送る