仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

B_スクリーンショット 2016-06-01 18.32.27

階段を登る時に気をつけると、かっこよく颯爽と見えるのが「顎」です。

顎をあげて、首をがくんと後ろに倒してしまうと、だらっと姿勢が悪く見える。

しかも体にもよくない。

顎を引き、背中から首〜頭蓋骨までの体の後ろ側を伸ばすようにして歩くと、身長も高くかっこよく見えます。

かっこつけたシーンではなく、普段の何気ない動きや姿勢を女性はみているもの。(反対もそうだと思うけど)

いつもの自分をかっこよく、小さなことで変わります。

>>オトコの姿勢学、スタイルよく、颯爽とかっこよくなる講座です。

 

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。また小中学校での子供の姿勢講座なども行い、姿勢や歩くきっかけ、ウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。自由大学「未来を歩く姿勢学」「オトコの姿勢学」教授、モデル&ビューティスクール「sen-se」東京校ビューティ部門代表
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

 

Pocket
LINEで送る