仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

12698213_1087992634584584_8361634494975878780_o

過日、東京都足立区の小学校さまにて姿勢の講演をさせていただきました。

講演の前から、質問もたくさんいただいており、また当日は実際の小学校での授業の様子を見学させていただき、1年生から3年生までの姿勢や、先生方が気になっていることを色々と細かくお聞きすることができました。

5、6年生の姿勢がときに気になっているとのことでしたが、この日は長縄大会の練習でこの学年は不在。

でも、1年生から3年生をみるだけでも、姿勢や歩きの学びになりました。

さて講演ですが、父兄のみなさまはともて姿勢に関心が高く、講演後にはいろいろな具体的な質問をいただくことができました。

・首が前にでていて、そのせいで水泳の成績がイマイチあがらなくなってきたと子供も気にしている。どうしたらよいか。

・ゲーム中の姿勢がとにかくおかしい。ソファーのヘリにあおむけになって顎を突き出して、おかしな姿勢。首も心配、腰も心配。どうしたらいいか。

など。

まず、首が前にでてきたことで肩甲骨が動きにくくなっているということにお子様、ご自身が気がついている!というのがすごいこと。自分の体や動きにとても関心が高い証拠ですね。

そしてゲームの件も、まさかそんなアクロバティックな姿勢でゲームをしているなんて・・なるほど、ゲームってただ猫背になるだけではないんですね。

実際にご自宅に行ってご指導したいくらいですが、そうもいかず。ここが悩ましいところです。

せめて数回、地域の方に姿勢についてお話をする機会があれば、もっと改善法やよりよい対策をアドバイスできるのでは・・・と思ってやみません。

>>地域での集まりや学校での講演など、姿勢や歩きからはじまる健康について講演お気軽にお問い合わせください。

 

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

 

Pocket
LINEで送る