仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

前回からのつづきです。

>>ウオーキングとの出会い〜第1回:衝撃の猫背おばさんを見つける!〜

>>ウォーキングとの出会い〜第2回:もしかして?もしかして?これって恋?〜

 

ちょっと話は飛びますが、20代前半。長野に住んでいた私は、田舎なりにおしゃれでいたい普通の女性。

当時はインターネットなんてなかったし、携帯電話なんて一般的じゃなかったし、せいぜいポケベルがあるかないか・・あったかなっていう時代だったので、おしゃれの情報は足で稼ぐしかありません!

雑誌だけじゃなくて、街に行っていろいろな洋服をみて、いろいろな店を回って・・・でも当時はスニーカーなんてもってないし、すべての靴はヒール靴。そんなお店周りも、仕事も、どんな時も12センチのハイヒールを履いていたんです。

常にデコラティブで主役級のハイヒールを履いていれば当然カラダに無理がきます。

 

ヒールン高さで自信をつける?そんな20代で突然の・・・

ヒールン高さで自信をつける?そんな20代で突然の・・・

 

ある日、突然立っていられなくなり、その場でダウン。なんとか這うように歩いて向かったのは整形外科。

ここで「ヘルニアですね」の一言で、その場で牽引(首を上から引き上げて、背骨をまっすぐのばすこと)やら電気やらなんやらをすること30分・・どっと疲れがでて、自分が60代か70代になったような気分。

どうしたらいいかわからない、何が自分に起きたかわからない。

そしておじいちゃん、おばあちゃんに混じってうら若き20代の女性が場違いな格好で、牽引されている・・その場違い感は今でも記憶に鮮明です。

のちのち、自分が姿勢教育指導士となってからわかるのですが、これこそ姿勢や歩き方が原因の症状

ヘルニアは特に座った時に腰を丸めて座る座り方をする人に多く、歩きもガタガタ、脚力もないのに高いヒールをはいていたのが、姿勢の崩れや不要な猫背を引き起こしていたのです。これについてはまた。

>>ウオーキングとの出会い〜第4回:人生最大にして最高のただの趣味!〜

 

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

Pocket
LINEで送る