毎日をウォーキングからHappyに。

古い倉庫、壊そうとしたら「残してくれ」の声があったとか

古い倉庫、壊そうとしたら「残してくれ」の声があったとか

 

まるで表参道か代官山かというようなオシャレな場所。

おじいちゃんが絵を描きながら手書きのはがきを売ったり、フリーマーケットがあったり、若人達が美味しい珈琲やパンを売ったり。

ここはどこかと信じられない素敵な光景、さあ、どこでしょう。

珈琲おいしかったよ〜ありがとー。

珈琲おいしかったよ〜ありがとー。

 

 

正解は、東京・立川市。JR立川駅と西立川駅のあいだくらいにある倉庫です。

毎1回、2日間古い倉庫がアートスペースになって、老若男女が楽しめるナイスなスポットになるのです。

 

軽食も楽しめる、ラフでカジュアルでオシャレな空間

軽食も楽しめる、ラフでカジュアルでオシャレな空間

 

話は変わりますが、姿勢がいいとか、歩きがどうこうとか、そういうことにもTPOがある、オンとオフがあります。

遊んだりゲームしたりという時まで姿勢良くしなくていいから、勉強や仕事をする時には姿勢を良くして集中力をアップすれば良い、ということ。

大人だって子供だって、いつでも24時間姿勢を良くしている必要もなし、わざとだらっと姿勢を悪くしたい時だってあるよね?

ということで、こんなカートなまさにこういう空間では、キリっとオンなモードじゃなく、オフのモードがぴったり。

 

ただ、普通に生活していれば、どんどん肩が前にはいって猫背気味になりますから、この体操で埋め合わせをお忘れなく。

 

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

 

 

Pocket
LINEで送る