仲間と一緒に歩く楽しみを!毎日をウォーキングからHappyに。

食事の改善なしには健康はないね・・って実感。

食事の改善なしには健康はないね・・って実感。

 

●ウオーキングの効果を高めるために

ウオーキングにはいくつもの効果があります。冷え性の克服、心臓や骨の強化をはじめとした身体的効果、ストレスの発散や脳の活性化などの精神的効果など。手軽にできる運動ともいえるウオーキング1つで本当に多くの効果を期待できるものです。このようなウオーキングの効果をより高めるには”食事の知識”も不可欠です。例えばストレスを軽減してくれる食事とは?歩いた後の疲労を素早く解消してくれる食事とは?せっかくだったら日々のウオーキングの効果を更に生かして美しく健康なカラダをつくりたいものです。

 

●ウオーキングと組み合わせてストレスを軽減しよう!

先日「健康不安を安心にかえる 薬を使わない薬剤師 」である寺内純子さんの食事のセミナーに行ってきましたので、ここでお話頂いた「疲労」によい食べ物などについてほんの一部ですがシェアしたいと思います。疲労には”肉体的疲労””精神的疲労”があるそうですが、特にウオーキングの効果であるリラックス効果・ストレス解消の効果とあわせ、教えて頂いたストレスを和らげる食べ物をご紹介致します。

 

【ストレスを和らげたり、イライラ、不眠を和らげる食べ物】

→抗ストレス作用: トマト、モロヘイヤ、ほうれん草、ピーマン、キュウイなどのビタミンC

→神経鎮静効果:牛乳、ごま、海草類、小魚、かぶの葉、アスパラガス、セロリなど

 

中でもセロリは匂いが眠りを誘うそうですよ!

 

 

●なんでもやりすぎ、摂り過ぎには注意

ただし、例えば「ビタミンCは1日700mっが適度。とりすぎは腎臓に負担がかかるので、サプリメントやドリンクで大量に摂取する際は注意が必要」(寺内さん)だそうです。これはウオーキングにもいえること。例えば1日1万歩がよいと言われているからと多少ヒザや足が痛くても歩いてしまったり、1万歩という歩数に目標を設定し体調がイマイチでも歩いていたり。これでは本来のストレス解消効果を得る事ができません。とかく、やりすぎる傾向がありますから、ほそ〜くなが〜くゆる〜りとまいりましょう。

 

篠田洋江篠田洋江
健康ウォーキング指導士、姿勢教育指導士。ショーウインドウに映ったひどい猫背、がさつな歩き方の自分に愕然としたことから、歩き方や姿勢を学ぶ。21歳の時に患ったヘルニアも、悪い姿勢や高いヒールでの間違った歩きが原因だったと知り、現在はウォーキング教室やセミナー、コンテストファイナリストや読者モデルへの歩き方の指導など、のべ7000人以上の姿勢・歩き方を指導している。またウォーキングイベントも積極的に行い、歩くきっかけつくりやウォーキングから美しく健康になる習慣つくりにも取り組んでいる。
>>その他プロフィールはこちらから
サイト:http://cowalking.jp 

 

 

Pocket
LINEで送る